商品情報

建材活用ガイド

笠木は『躯体を守る』だけではありません

ご存知だと思いますが、笠木についての逸話から入らせていただきます。

笠木(かさぎ)とは


(図: CD版広辞苑第五版より)
もともとの意味は、「鳥居・門・板塀などの上縁に、横に渡す木。冠木(かぶき)。」でした。 (三省堂提供「大辞林 第二版」より抜粋)
建築業界では、防水工事を施工するパラペット(屋上などに設けられる手摺壁)等の頂部に施工する仕上材の事、金属製または人造研ぎ出し石、セメント製などの材料の事を『笠木』と言ってきました。『躯体を腐食から守る』 という点からそのまま用いられたのでしょう。
今回は、この金属笠木について触れたいと思います。

四半世紀前は板金工が作る現場仕上金物だった

金属笠木といえば、板金工が工場で曲げ加工した部材を現場に合わせて制作するものでした。
日本におけるアルミ製システム防水端部材の起源は、1973年に、エービーシー商会がドイツのシントロパル社(のちにアルウィトラ社)と技術提携し、アルミ製システム防水端部材「アルウィトラ」の商品名で販売をはじめたのが最初です。

<< 密閉式から、オープンジョイント式へと進化させた
アルミ製システム防水端部材「アルウィトラ」 >>

元々の金属笠木は「板金笠木」と呼ばれ、パラペットの上に密閉式の台形の箱を被せるものでした。
継ぎ目の目地処理や壁との隙間をコーキングに頼る為、経年劣化とともに笠木本体の機能が低下する危険性がありました。

密閉式のデメリット(板金笠木)

・ シーリング材が劣化しやすく、亀裂によって毛細管現象を誘発し、笠木内部に雨水が溜まる危険性がある。
・ 空気の対流不足により、結露しやすい為、アルミニウムが裏面から腐食する危険性がある。
・ 笠木の水切り機能がなく、外壁を雨水で汚す。
・ 製品精度や施工精度が均一でない。
・ 下地材(スチール)と笠木(アルミ)との接触により、電蝕作用が生じて、笠木が腐食を起こす。

オープン式のメリット(アルウィトラ)

従来の密閉式(コーキング式)の問題を解決したのが、オープン式笠木「アルウィトラ」だったのです。
・ 独自のジョイント部処理により、アルミ素材の熱膨張に対応。
・ 笠木裏面とパラペットの間に空気の対流があるので、結露の発生が少なく、腐食や劣化を防止します。
・ 突起形状の水切り機能により、外壁を雨水の汚れから守ります。
・ 下地材もアルミを使用。笠木の腐食を防止します。
・ 既製品の為、均一な製品精度と施工精度が維持できます。
・ 笠木本体が躯体と絶縁されている為、躯体の伸縮などに影響されません。

<< 日本の建築ニーズに対応し、笠木「アルウィトラ」は進化を続けてきました。>>
1973年に導入した「アルウィトラ」は、1977年(昭和52年)に筑波の16棟におよぶ大学、研究所に採用されたのがきっかけとなり多くの建築関係者に認知され、全国へ普及していきました。
アルミ笠木市場統計資料(日本金属笠木工業会)によると、金属笠木工業会の会員規格品市場は平成14年度の実績で2,211千mに上るそうです。
日本にアルミシステム防水端部材を導入して30年。「アルウィトラ」は設計、施工現場のニーズを反映しながら、ABC独自の改良・開発によって、金属笠木に求められる「機能性」と、日本の建築構造物の「意匠性」の2つを軸に、展開してまいりました。 この「機能性」「意匠性」の商品ラインナップを簡単に紹介させていただきます。

機能性笠木シリーズ(5種)

日本の気候、建築物へのマッチング、改修など、求められる性能を製品化した、高機能笠木です。

(1)2重壁ロッキング対応システム (2)乾式立上部保護工法 パラペットガード (3)雪庇切笠木 SPIタイプ

(4)避雷針不要笠木 棟上導体システム (5)改修用笠木 JYRO(ジャイロ)

機能性笠木は5種類。
(1) 2重壁ロッキング対応システム
2重壁などのプレキャストコンクリートのロッキングに追従する笠木システムです。
ALC板での対応も可能です。

「ロッキング対応システム」の詳細情報ページはこちら

(2) 乾式立上部保護工法 パラペットガード
防水層端部の保護モルタル押さえなどに替わるものとして防水層を保護する目的で開発された新しいシステムです。笠木材あるいは水切材との組み合せによる乾式工法で、建物・断熱材への熱負担を軽減する、すぐれた防水端部システムです。

パラペット保護システム「アルウィトラPG」の商品情報ページはこちら

(3) 雪庇切笠木 SPIタイプ
パラペット部の雪庇の発生を防止する雪庇切笠木です。
笠木を通過した風が建物パラペット上縁部分で下に巻き込まれることにより雪庇は発生します。
アルウィトラSPiは、流体力学の応用から生まれた特殊形状により、この雪庇の発生を軽減できます。

雪庇切笠木「アルウィトラSPi」の商品情報ページはこちら

(4) 避雷針不要笠木 棟上導体システム
落雷による災害を防止し、従来の突針方式やむねあげ方式における問題点を一挙に解決しました。
突針が不要で、建物の美観を損ないません。避雷設備(JIS A4201-1981)に基づく製品です。

棟上導体システム「アルウィトラ受雷部システム(棟上導体)」の商品情報ページはこちら
(5) 改修用笠木 JYRO(ジャイロ)新商品
旧来の塗膜防水パラペットにおける、躯体のきつい勾配に対応する為、特許出願中の3ピース可変式ホルダーシステムによって、70度から90度までの勾配に5度刻みで対応を可能にした改修用笠木システム(工場加工)です。 これにより、下地調整やホルダーの特注対応が不要になり、施工性の改善、強度確保、パラペット工事のトータルコストダウンが可能になるパラペット改修専用笠木です。2003年12月に発売された新商品です。

パラペット改修用笠木「アルウィトラジャイロ」の商品情報ページはこちら

デザイン笠木シリーズ(3種)

現代建築の大きな要素「美観」をさらに進め、「端部をデザインする」というコンセプトから生まれた笠木です。
他社にないこだわりは、設計者とともに作り上げてきたABC独自のテクノロジーです。


(1)デザイン笠木 DKタイプ

デザインボーダー DKボーダー


(2)反射効果とライン強調 KATANA

(3)シャープな陰影を演出 アーキブレイド

デザイン笠木は3種類。
(1)デザイン笠木 DKタイプ デザインボーダー DK・DKボーダー
個性的な外観が要求される一般住宅や低層の建物に、表情豊かなデザインと豊富なカラーの組み合せで、オリジナリティーあふれる外観を演出するデザイン笠木とボーダーです。

デザイン笠木・ボーダー「アルウィトラDK/DKボーダー」の商品情報ページはこちら
(2)反射効果とライン強調した MAG-KATANA(カタナ)
超鋭角のシャープなデザインが魅力のアルウィトラMAG-KATANA。見上げた目線に外壁とラインが美しく調和。特に中・低層の建物において反射の効果 が際立ちます。二次電解着色、焼付けなどカラーバリエーションも豊富です。

デザイン笠木「KATANA」の商品情報ページはこちら

(3)シャープな陰影演出 アーキブレイド 新商品
RC打ち放しや、セラミックタイル、樹脂系吹付壁材などの、意匠性を重視した建築物の外壁天端部分において「笠木を少しでも細くしたい。目立たないように仕上げたい。」といったニーズに応えた、細くシャープな陰影によって、パラペット天端のラインを美しく見せることができる フラットバー形状のアルミ定尺規格品笠木です。 また、アーキブレイドの70mm突き出た先端部、裏面部には1/60の勾配がついており、吹き上げた雨水が浸入しにくく、雨だれも付きづらい構造の為、外壁面をきれいに保つ事ができます。 2004年2月に発売されたばかりの新商品です。

デザイン笠木「アーキブレイド」の商品情報ページはこちら

今後の笠木ラインアップにご期待ください。

以上の8商品のように、単に『躯体を守るだけ』ではなく、「機能性」「意匠性」を軸として、様々なご要望にお応えして、幅の広いラインアップを揃えてきました。
今年の平成16年4月より、建設省の建設工事共通仕様書の一部が改正され、アルミ製システム防水端部材の肉厚規定が改正された事により、ますます笠木業界が活性化されてきます。
今後も、ABC独自の商品づくりに取り組む為、設計者のニーズに応えていきます。
カタログやHPに掲載されていないものでも、こんな笠木はできないかといった事でも弊社担当員にご相談ください。

笠木材のラインアップはこちら

笠木材のお問い合わせはこちら
お電話・FAXでのお問い合わせはこちら

2004.4.1掲載

カタログを取り寄せる

【総合】金属建材・天井材カタログ

Exp.J.C・笠木・目隠しルーバー・ルーバー天井・光幕天井の総合カタログ。

お問い合わせ

  • 電話・FAXで相談する
  • フォームで問い合わせる

■掲載されている情報は発表当時のものであり、最新のものと価格、品番、販売終了など情報が異なる可能性があります。ご了承ください。