「防音」「遮音」「吸音」はどう違う?

騒音対策のための各種建材や資料を見ていくと、「防音」「遮音」「吸音」といった言葉が入り混じって使われています。これらの言葉は、どう違うのでしょうか。
実は、防音・遮音という言葉に、明確な定義はありません。一般に理解されているのは、「防音」は、「遮音」と「吸音」を含む音対策の総称であるということです。つまり、遮音と吸音は、防音のための手法になります。

例えば、騒音源の外側にスチールプレートを立てれば、空気伝播音を遮るので、遮音になります。しかし、音は反射したり、回折したりするので、それだけでは十分な防音にはならないことがほとんどです。
そこで用いるのが、吸音材です。遮音と吸音の双方を使って音の伝わり方をコントロールして、防音性能を確保することになります。

実際の防音や遮音では、普段の建築設計では見慣れない単位や指標が多く登場します。音の高低を表す「ヘルツ(Hz)」や、音の大きさを表す「デシベル(dB)」があり、防音・遮音性能を示す指標には「Dr値」や「T値」、「L値」などがあります。
それぞれはどのように違うのか?設計者として最低限、知っておきたい大まかな違いを整理してみます。

音の「高低」と「大きさ」を表す単位(Hz、dB)

Hz(ヘルツ:Hertz)=音の「高低」を表す単位

国際的に幅広く用いられている単位で、誰もが聞いたことがあるでしょう。周波数・振動数を表す単位で、建物の騒音では「音の高低」を示すものとして用いられます。
波動や振動が、1秒間に何回繰り返されるかを示すもので、例えば1秒間に1回の波動は1Hzです。
音波だけでなく、電波や電磁波の周波数を表す単位としても用いられます。

dB(デシベル:Decibel)=音の「大きさ」を表す単位

音のパワー(大きさ)を示す単位で、騒音対策で最もよく目にするものです。
日常生活における一般的な騒音レベルについては、日本建築学会の「建築物の遮音性能基準と設計指針」などで示されています。

このほか、音の大きさには「ホン(phon)」という単位があり、かつては騒音レベルを示すものとして使われていました。しかし、1997年の計量法改正を機に、騒音の単位としては使われなくなり、現在はdBが用いられています。

騒音とうるささの目安

騒音とうるささの目安

防音・遮音性能を示す指標(Dr値、T値、L値)

Dr値=壁・建具の防音・遮音性能

主に、壁や建具の防音・遮音性能を示すのに用いられる指標です。防音壁やドアなどが、どのくらい音を遮断するかを示します。例えば、あるドア製品で、Dr値が45(Dr-45)と表示されているとき、そのドアは平均して45dBの音を遮る性能を持っています。
ある部屋で90dBの音を発しても、ドアを隔てた隣室に伝わる音は45dBになります。同じドア製品でも、Dr-45、Dr-40、Dr-35など異なる仕様が用意されている場合、数字の大きいもののほうが音を遮る性能は高くなります。

Dr-45とは45dBを遮る性能

Dr-45とは45dBを遮る性能

Dr値による遮音性能の表示では、右のような表とグラフがよく用いられます。表示形式が違うだけで、どちらも同じ内容です。
これら表・グラフの読み方には、少し説明が必要でしょう。ここではDr-45という遮音性能を持つ防音ドアを例に説明してみます。

水色の破線矢印は、発生源の音の高さが1000Hzのとき、その音の大きさを53dB遮ることを示しています。
同じように、赤色の破線矢印は、Dr-45の防音ドアが、高さが500Hzの音を、大きさにして47dBを遮ることを表しています。

もう少し具体的な例として、男性と女性、子どもが、同じ90dBの大きさで話す声の遮音効果を比べると、次のようになります(一般的な例)。

エービーシー商会の防音ドア
「エスプルードシリーズ」の遮音性能の例

エービーシー商会の防音ドア 「エスプルードシリーズ」の遮音性能の例
エービーシー商会の防音ドア 「エスプルードシリーズ」の遮音性能の例

Dr-45の防音ドアが、90dBの音を遮る効果の違い(例)

男性の声 (500Hz)  :90dB(話し声)- 47dB(遮音性能)= 43dB

女性の声 (1000Hz):90dB(話し声)- 53dB(遮音性能)= 37dB

子どもの声(2000Hz):90dB(話し声)- 55dB(遮音性能)= 35dB

つまり、音の「高低」(周波数の高低)によって、遮ることのできる音の「大きさ」は異なるわけです。上のグラフからも、高い音のほうが、音の大きさを遮りやすい傾向を読み取ることができます。
発生源の音の高低による差はありますが、防音ドア製品などの遮音性能で、Dr-45やDr-40といった数字を表示しているのは、あくまで平均的な数値を用いたものです。

こうした音特有の理論も踏まえ、実際の設計では、遮音性能を示す表・グラフをもとに、空間に求められる適切な性能の製品を選ぶとよいでしょう。

T値=サッシ・ドアの遮音性能

主に、サッシやドアの遮音性能を示す指標として、建具メーカーを中心に用いられています。その性能は、日本工業規格で規定されています(JIS A 4706)。

L値(LH値・LL値)=床衝撃音の遮音性能

主に、床の衝撃音に対する遮音性能を示す指標です。上階の床の音が、どのくらい下階に伝わるかを示すもので、値が小さいほど遮音性能が高いことを意味します。L値は、日本工業規格で規定されています(JIS A 1419-2)。

L値には、「LH値」「LL値」の2つがあります。LH値は、重いものが落ちる音(重量衝撃音)に対する遮音性能、LL値は軽いものが落ちる音(軽量衝撃音)に対する遮音性能です。
上下階の音の問題がシビアな分譲マンションの販売資料などでは、必ずL値(LH値、LL値)が表記されています。このL値は先に説明したDr値と考え方が異なります。

例えば、LH-45と表記された床は、上階の床に自動車用タイヤを約1mの高さから落としたとき、下階の部屋で聞こえる音が約45ホンになる遮音性能を持っています。
実際の重量衝撃音(LH)は、専用の機器を用いて測定します。

バングマシン

重量衝撃音の測定に用いる重量床衝撃音発生器「バングマシン」
(写真提供:リオン株式会社)

また、LL-45の床は、500グラムのハンマーを、4cmの高さから連続的に落としたとき、下階の部屋で約45ホンに聞こえる遮音性能を有しています。
実際の軽量衝撃音(LL)は、専用の機器を用いて測定します。

タッピングマシン

軽量衝撃音の測定に用いる軽量床衝撃音発生器「タッピングマシン」
(写真提供:リオン株式会社)

建築設計者からすると、HzやdB、Dr値、T値、L値といった音の単位や指標は、少しなじみが薄いかもしれません。しかし、騒音対策として防音・遮音が求められる建物の設計では、必ず接するものなので、最低限の知識は備えておきたいところです。
今回までの2回のコラムでは、防音・遮音の設計に備えるための基本をおさらいしました。次回では、モデル建物を題材に防音・遮音シミュレーションを実施して、実際の設計のヒントとなるコラムをお届けします。

合わせてお読みください

  • コラム
    • ●設計の対応が遅れがちな「騒音」対策
    • ●人の耳に聞こえる音
  • コラム
    • ●地上の室外機、騒音対策に適した防音壁は?
    • ●設計者が最初に考える防音壁、実は不十分かも?
    • ●四方を閉じても防音効果は上がらない!
    • ●防音壁が高いほど騒音を防げる
    • ●いっそ屋上に載せてみたら?
  • コラム
    • ●屋上の室外機、向かいのマンションからクレームの出ない防音壁は?
    • ●正面は防げても斜め方向の騒音に不安
    • ●3面を囲んで両脇からの拡散を抑える
    • ●全方位の騒音対策に安心感
    • ●パラペットまわりの防音壁は効果薄?

ABC商会の防音製品

e・wool(イーウール)防音パネル
複合防音下地材を使用した防音壁。軽量で施工性も抜群。
オトプルーフ
独自の意匠性と防音性能を組み合せた防音対策型目隠しルーバー。