カテゴリ選択

雪庇切笠木アルウィトラSPi

(アルウィトラ・シーリング事業部)

アルウィトラ・シーリング事業部

アルウィトラSPi

パラペット部の雪庇の発生を防止する雪庇切笠木です。笠木を通過した風が建物パラペット上縁部分で下に巻き込まれることにより雪庇は発生します。アルウィトラSPiは、流体力学の応用から生まれた特殊形状により、この雪庇の発生を軽減できます。笠木と雪庇切カバーが分割された構造なので、既設笠木への設置も可能です。

主な適用場所

  • 雪庇の発生を防止する雪庇切笠木

施工事例

雪庇切笠木 アルウィトラSPi 施工事例

サンピラーなよろ(北海道)

(旧仕様)

雪庇切笠木 アルウィトラSPi 施工事例

(旧仕様)

規格

雪庇切部

:137.5mm

アルミ笠木部

:150~500mm

長さ
(定尺)

雪庇切部

:3000mm

アルミ笠木部

:4000mm(笠木幅325mm以下:RD Aタイプ)
:3000mm(笠木幅350mm以上:MAGタイプ)

表面仕上

シルバーアルマイトクリア仕上(つや消し)

:カットフィン、前見付カバー、アルミ笠木

4フッ化フッ素樹脂焼付塗装(40μm)

:後見付カバー

仕上色

シルバー

:カットフィン、前見付カバー、アルミ笠木

メタリックシルバー

:後見付カバー

試験データ

カタログを取り寄せる

このページと同一カテゴリの商品です。