2016年12月09日

しなやかに守る。「アーキウェイブ」性能ダイジェストカタログ完成
~今までにない樹脂製エキスパンションジョイントカバーとは~

本ページに掲載されている情報は発表当時のものであり、
最新のものと価格・仕様が異なる、もしくは販売が終了している可能性があります。

最新情報をご確認ください。

しなやかに守る。「アーキウェイブ」性能ダイジェストカタログ完成 ~今までにない樹脂製エキスパンションジョイントカバーとは~

建材の開発、製造、輸入、販売を行う(株)エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は、樹脂製エキスパンションジョイントカバー「アーキウェイブ」の特長的な性能を紹介したダイジェストカタログを作成しました。

エキスパンションジョイントカバー(以下Exp.J.C.)とは、地震などによる揺れにより、躯体同士が衝突し損壊してしまうことを防ぐため、躯体間に設けられた隙間(クリアランス)に設置し、揺れに追従して可動する部材です。
従来、Exp.J.C.は金属製のものが主流であり、揺れに対する追従性能には限界がありました。
そこで、当社は非金属素材である「サントプレーン」に注目し、その素材のもつ柔軟性を活かした樹脂製Exp.J.C.を開発しました。
「サントプレーン」は極めて高い耐侯性を持ち、世界中で30年以上の納入実績を誇る素材です。

今回のダイジェストカタログでは、自社で保有する振動台試験機による地震波加振実験や耐侯性能試験の結果を踏まえ、今までの金属製Exp.J.C.にはない「アーキウェイブ」ならではの安全性・耐侯性・意匠性について紹介します。
当製品は商業施設やオフィスビル、工場のみならず、大手住宅メーカーの増改築工事の標準仕様としても採用されるなど、住宅分野での施工実績も増加傾向にあり、納入実績は750件を突破しました。

この度、当製品は2016年12月14日~16日まで東京ビッグサイトにて開催される「第一回高性能建材EXPO」に出展します。会場では「アーキウェイブ」の素材感や可動性を体感できるほか、社員による製品プレゼンテーションを行います。

当社オフィシャルサイトでは「アーキウェイブ」の可動性を確認できる試験動画を公開しており、カタログ請求も可能です。

モノリシック工法イメージ

カタログ表紙

モノリシック工法イメージ

「アーキウェイブ」

モノリシック工法イメージ

報道関係の方へ

本件に関するお問い合わせ

宣伝部 広報担当 TEL:03-3507-7120

弊社ニュースリリースの配信をご希望の場合

下記よりその旨を記載のうえ、ご連絡いただきますようお願いいたします。

■掲載されております商品の表示価格は税抜き価格です。

■掲載されている情報は発表当時のものであり、最新のものと価格、品番、販売終了など情報が異なる可能性があります。ご了承ください。