カテゴリ選択

融雪笠木ユキエル

(アルウィトラ・シーリング事業部)

アルウィトラ・シーリング事業部

融雪笠木 ユキエル

雪庇とは?

雪庇とは、屋根や屋上に降り積もった雪が強風により風下側に徐々に付着し、庇(ひさし)のようにせり出して成長した雪の塊のことです。大きくなると、硬化した雪の塊が自重により落下し、通行人への人身事故、車などの物損事故や窓ガラスの損害、電線の切断などの原因になります。

雪庇発生時写真
雪庇による被害例
雪庇による被害例
雪庇による被害例

特長

融雪笠木 ユキエル 製品断面図

製品断面図

発熱ヒータを内蔵した一体型笠木

  • ●一般笠木の機能に加え、笠木上面を温め融雪する低ランニングコスト型笠木です。
  • ●電気で発熱するヒータにより安定した効果が得られます。

熱効率の高い発熱ヒータと節電効果

  • ●発熱線と断熱材の一体型発熱ヒータで無駄のない熱効率を実現します。
  • ●降雪時以外は通電しない降雪センサで電気代を節約します。

一般笠木と変わらない意匠性と施工性

  • ●一般笠木と取り合っても違和感のない外観です。
  • ●笠木と発熱ヒータは工場プリセットで施工性に配慮しています。
  • ●雪庇が発生しやすい部分のみの施工が可能で、施工、運用コストを軽減できます。

システム参考図

割付図

融雪笠木 ユキエル システム割付参考図

単線結線図

降雪センサ参考図

YK-400ジョイント部 A

一般笠木とYK-400ジョイント部 B

製品仕様

シルバーアルマイトクリア仕上(ツヤ消し)
品番 製品幅
(mm)
直線部
定尺
(mm)
コーナー部
定尺
(mm)
定尺あたり消費電力(W)
直接部 コーナー部
YK-250 250 3,000 500×500 171 39
YK-275 275
YK-300 300 228 41
YK-325 325 525×525
YK-350 350 550×550 48
YK-400 400 600×600 306 58
YK-450 450 650×650
YK-500 500 700×700 72

定格表

電源種別 単相・AC200V
負荷分類 抵抗負荷
設計発熱量 270W/m2
制御方式雪温度・水分検出による自動
電源ケーブル種別 2PNCT・2芯・1,25mm2

参考電気料金

約¥7,000/1ヶ月

  • ●YK-250を20m施工し、1日当たり12時間で31日間通電した場合です。
  • ●平成25年度融雪電力使用時での当社参考試算となります。

ご注意

  • ●電気工事(笠木連結用端子接続、配線接続、電源接続、降雪センサ取付、通電確認他電気付帯工事)は、別途お願いします。
  • ●電源接続は、電力2.5kW以下ごとに行なってください。
  • ●電力は、製品幅と取付長さにより異なります。
  • ●当製品はジョイントコネクターの接続が標準となります。アース工事は、別途お願いします。
  • ●豪雪地帯、過酷な環境下では、部分的に小さな雪庇が発生することがあります。
  • ●全品受注生産品です。納期および価格はお問い合わせください。
  • ●仕様は予告なく変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

カタログを取り寄せる

このページと同一カテゴリの商品です。