カテゴリ選択

水性無機透湿型遮熱床仕上材ストリートカラーNS遮熱タイプ

(無機建材事業部)

無機建材事業部

「ヒートアイランド現象」は空調使用の増大を招き、二酸化炭素などの温室ガスを排出することで地球温暖化をさらに促進する大きな社会問題となっています。ストリートカラーNS遮熱タイプは、アスファルトに比べ、表面温度を約10℃低下(当社試験値)させる床仕上げ材。「ヒートアイランド現象」の緩和策として効果的です。

特長

  • ●高反射型セラミック顔料と特殊セラミック骨材の配合により、赤外線を反射し地表面の温度上昇を抑制します。
  • ●床の表面をスティップル状に処理。すぐれた防滑性でプールの歩行路などにもご使用いただけます。
  • ●下地コンクリートの水分が透湿性塗膜から蒸発。塗膜のふくれや剥離の発生を防止します。
  • ●速乾タイプで、施工後2~3時間でご使用いただけます。(20℃の場合)
  • ●ローラー刷毛で塗るだけの簡単施工です。

見てる風動画

建材の質感を、動画でリアルに体感!(35秒)

取得資格

屋外塗装のためF☆☆☆☆登録はしていません。

主な適用場所

  • ●プールサイドや遊園地などの各種レジャー、リゾート施設
  • ●マンションのベランダ、屋上、アプローチ、通路
  • ●簡易舗装道路
  • ●マンションのエントランス、通路
  • ●公共施設、パブリックスペース

メカニズム

ストリートカラーNS遮熱タイプメカニズム

工法図

ストリートカラーNS遮熱タイプ工法図

厚さ 約0.4~0.5mm
(1)下地
(2)プライマー
(3)上塗り(2回)
(4)トップコート

  • ※プールサイド等、強い防滑性を求める部位は、トップコートを塗布しないことをおすすめします。

カラー

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-002C

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-320C

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-410C

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-510C

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-620C

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-4016C

ストリートカラーNS遮熱タイプカラー

NS-4730C

  • ※ストリートカラーNS遮熱は、使用する顔料の関係で、上記7色のみの設定となります。
  • ※ストリートカラーNSタイプと同じカラーナンバーでも、近似色となります。NSタイプと併用した場合若干色が異なります。

規格

コンクリート用プライマー 16kg/缶 約53~106m2
5kg/缶 約16~33m2
アスファルト用プライマー 15kg/缶 約75m2
5kg/缶 約25m2
上塗り 20kg/缶 約33m2
トップコート 18kg/缶 約300~360m2
5kg/缶 約83~100m2
2kg/缶 約33~40m2

価格

材工設計価格

¥3,600/m2

※300m2以上基準

試験データ

熱反射実験

●屋外試験
試験方法:屋外駐車場にて、表面温度を測定。
試験対象:アスファルト、ストリートカラーNS遮熱タイプ

屋外試験

※周辺の温度条件などの影響を受けます。
※カラーにより熱反射のデータが若干異なります。
※弊社試験値であり、保証値ではありません。

左:アスファルト 61.8℃
高温のため触れられない
右:ストリートカラーNS 遮熱タイプ 47.6℃
触れることができる

物理特性

試験項目 試験方法 試験結果
下地付着強度 JIS A 6909 準拠 1.96N/mm2
(下地コンクリート破壊)
耐摩耗性 JIS K 7204 準拠
テーバー型摩耗試験機による、
摩耗輪GC150H、
荷重250g 1,000回転
(摩耗減厚)0.14mm
耐洗浄性 JIS K 5668 準拠
黒豚の剛毛 1,000回往復
異常なし
耐候性 JIS A 1415 準拠
サンシャインカーボンアーク灯
(WS型)250時間
異常なし
防滑性 JIS A 1407準拠 振子形 (乾燥面)0.90
(湿潤面)0.90
温冷繰り返し
作用抵抗性
JIS A 6909 準拠
-20℃~+50℃・20サイクル
異常なし

施工/納まり・メンテナンス

お問い合わせください。

備考

  • ●施工仕様書をご確認のうえ、正しく安全にご使用ください。
  • ●製品改良のため、予告なく性能・仕様・カラーバリエーションを変更する場合があります。
  • ●色見本は現物とは多少異なります。ご決定の際は、現物サンプルをご参照ください。

注意

  • ●気温が5℃以下や降雨雪が予想される場合には、施工を延期してください。
  • ●相対湿度が80%以上の場合には、硬化不良を起こすことがありますので、施工を延期してください。
  • ●新設のコンクリートおよびモルタルの下地に施工する場合は、打設後、通風のよい状態で2~3週間以上経過させてください。施工場所の通風が悪い場合には、送風機などで乾燥を促進させてください。
  • ●アスコン下地の場合は、打設後、1週間以上経過させてください。
  • ●コンクリート用プライマーは有機溶剤を含有していますので、施工時は火気厳禁となります。また、換気と臭気対策が必要です。
  • ●塗装面に貼った粘着テープやラインテープの撤去作業時に塗膜が剥離することがあります。
  • ●防炎シートや作業台の滑り止め、キャスター、タイヤなど『軟質塩ビ』素材及びゴム素材のものと長時間接触すると、塗装の変色・軟化・剥離する場合があります。

カタログを取り寄せる

このページと同一カテゴリの商品です。