カテゴリ選択

ビスフェノール系ビニルエステル樹脂系防食材ケミクリートSV 絶縁ライニング工法

(化成品事業部)

化成品事業部

ケミクリートSV 絶縁ライニング工法

ピットの躯体と防食層の動きを分離したクラック追従機能
「防食」「防水」対応を可能にした新しいライニング工法

特長

「絶縁ライニング工法」

防食材である「ケミクリートSV」は、主に各種ピット、防液堤に使用されますが、それらの場所では「防水」機能についても強く求められています。

防水機能を高めるためにはより高い下地クラックへの追従性が必要となります。
そこで「絶縁ライニング工法」では、躯体と防食材層の間にフレキシブル性を持つ自己融着型特殊絶縁シート「SV絶縁シート」を設け、「防食」「防水」に対応しました。

SV絶縁シート(自己融着型特殊絶縁シート)

自己融着型特殊絶縁シートは「自己融着」のため、加熱などの処理が不要な性質を有しています。
この自己融着層が空気との接触を遮断するので、更なる防食効果をもたらします。

安心の防水性能

自己融着型特殊絶縁シートと、ビニルエステル樹脂防食ライニング材の複合により、クラック追従性を大幅に改善します。 万が一の地震などでクラックが生じた場合でも、自己融着型特殊絶縁シートが躯体コンクリートのクラックから防食ライニング材の破断を防止し、各薬品からコンクリートの劣化を防ぎます。 すぐれた粘着性を持つ自己融着型特殊絶縁シートにより、長期間躯体コンクリートとの一体化が可能です。 防食防水保証5年間の安心システムです。
(※条件によっては保証できない場合があります。あらかじめ弊社担当営業までご相談ください)また、耐薬品性は「ケミクリートSV」と同等です。

主な適用場所

各種廃液処理施設、ビルピット、各種廃液槽 など

写真はケミクリートSVを使用

工法図

ケミクリートSV 絶縁ライニング工法工法図

絶縁ライニング工法

厚さ:約2mm
①プライマー
②SV絶縁シート貼
③下塗
④ガラスマット貼+目潰+脱泡
⑤サーフェースマット貼+目潰
⑥上塗(クリア)

カラー

ケミクリートSV 絶縁ライニング工法カラー

#クリア

試験データ

ゼロスパンテンション試験結果

SV絶縁シートの効果により、
すぐれたクラック追従性を発揮。

ゼロスパンテンション試験とは、下地のひび割れに対する塗膜の追従性試験のことです。
試験は、塗料を塗布したスレート板(試験体)に 切れ目を入れ、定速引張試験機で引張速度5mm/minで引張り、塗膜にピンホール又はクラックが入った時点での塗膜の「伸び」を測定します。 その「伸び」がコンクリートにひび割れが生じても充分に追従・吸収される性能であることを実証します。

ご相談ください

使用条件・工法の選定・価格など
お気軽に専門スタッフにご相談ください!

塗り床は使用する場所に見合った機能性とトータルコストを同時に検討し、コストパフォーマンスを向上させます。より満足いただくには「使用する場所」「イニシャルコスト」「ランニングコスト」のバランスが重要です。
使用条件・工法の選定・価格についてなど、まずはお気軽に専門スタッフにご相談ください。

バランスが良い程満足度UP!

取得資格

ISO 14001審査登録工場で製造された製品です。

備考

施工について
  • ●本商品は施工上特別な管理を必要とするため、弊社による事前施工講習を受講した施工業者による施工となります。
仕様について
  • ●槽内温度が60℃以上に達する場合には本工法は適用できません。
  • ●躯体コンクリートに1㎜以上のクラックが発生する恐れのある場合には本工法の適用はできません。
  • ●防食ライニングは1プライ(サーフェスマット含む)とし、2プライ以上の仕様はできません。
保証について
  • ●保証期間は最長5年までとし、薬品の種類や濃度によっては保証期間を変更させていただく場合があります。
  • ●保証内容は下地コンクリートの浸食および内容物の漏液が生じた場合の無償補修のみとなります。
  • ●施設の維持管理に係わる不具合、天災事変などに起因する不具合並びにご使用環境が基本設計を超えたことに起因する不具合は保証対象外となります。

カタログを取り寄せる

このページと同一カテゴリの商品です。