カテゴリ選択

低蓄熱性瓦リサイクル舗装材エコストラーダ

(無機建材事業部)

無機建材事業部

ヒートアイランド現象の緩和に有効な低蓄熱性舗装材。瓦リサイクル骨材配合で環境に配慮。低蓄熱性瓦リサイクル舗装材
  • 特別管理商品
  • 特別施工管理商品

「ヒートアイランド現象」は空調使用の増大を招き、二酸化炭素などの温室ガスを排出することで地球温暖化をさらに促進する大きな問題となっています。
エコストラーダはアスファルト舗装の温度比較試験の結果、湿潤時16.6℃、乾燥時12.5℃の温度差を観測。※
骨材として使用する瓦は、雨水などを保水するすぐれた特長を持ち、保水した水の蒸発による気化熱で路面の温度上昇を低減します。路面が濡れている時はもちろん、乾いた状態でも効果を発揮し、ヒートアイランド現象を緩和します。
※舗装温度上昇低減効果確認試験結果(東京都農林総合研究センター)

路面の温度上昇を抑えヒートアイランド現象を緩和

エコストラーダ路面の温度上昇を抑えヒートアイランド現象を緩和
エコストラーダ路面の温度上昇を抑えヒートアイランド現象を緩和

主な適用場所

  • ●歩道や遊歩道の舗装材

カラー

エコストラーダカラー

レッド

エコストラーダカラー

アースブラウン

エコストラーダカラー

ダークグレー

※ダークグレー色については、原料となる瓦リサイクル材の発生量が少ないため、ご採用の際には、納期を必ずお問い合わせください。施工面積によっては納期までに数ヶ月要することがあります。

原料

エコストラーダ原料

瓦の廃材を粉砕したリサイクル骨材と無機系バインダーを組み合わせた低蓄熱舗装材です。
瓦は表面に無数の微細な穴がある多孔質構造を持っており、通気性が良く内部に熱を蓄えないという温度上昇抑制効果を持っています。
また、アスファルトと違い、土を焼成してできた材料のため、人体や環境に無害な自然素材です。

温度低減効果

「エコストラーダ」とアスファルト舗装の温度比較試験の結果、湿潤時16.6℃、乾燥時12.5℃の温度差を観測しました。

舗装温度上昇低減効果確認試験結果 (東京都農林総合研究センター)

エコストラーダ
エコストラーダ

価格

12,200円/m2(100m2以上基準)

  • ※施工場所の形状によって変わります。
  • ※フレキシブルコンテナバッグ梱包を使用した場合の価格です。
  • ※材工設計価格には、クラッシャラン敷き詰め等の路盤形成の下地処理費を含みません。

備考

  • ●特別管理商品は、床材としての性能発現のために特別な管理と詳細な打ち合わせを必要としますので、お問い合わせください。
  • ●施工仕様書をご確認のうえ、正しく安全にご使用ください。
  • ●製品改良のため、予告なく性能・仕様・カラーバリエーションを変更する場合があります。
  • ●色見本は現物と多少異なります。ご決定の際は、現物サンプルをご参照ください。

カタログを取り寄せる

このページと同一カテゴリの商品です。