カテゴリ選択

水性無機透湿型耐久床仕上材ストリートカラーGSハード

(無機建材事業部)

無機建材事業部

ストリートカラーGSハード

ストリートカラーGSハードは、ストリートカラーF/NSのすぐれた性能をさらにパワーアップ。擦り減りに強く車が頻繁に走行する駐車場等に適しています。

特長

  • ●透湿性のある塗膜を形成し、下地コンクリートの水分は塗膜を通して蒸発するため、塗膜面のふくれや剥離の発生を防止します。
  • ●速乾性にすぐれ、施工後5~7時間で使用できます。(20℃の場合)

取得資格

  • ●厚生労働省指針13物質非含有(プライマー(水性型)仕様)/(非含有とは、定量限界以下を表したもの)
(社)日本塗料工業会 F☆☆☆☆ 

主な適用場所

  • ●駐輪場
  • ●駐車場
ストリートカラーGSハード施工事例

写真はストリートカラーNSです

ストリートカラーGSハード施工事例

写真はストリートカラーNSです

工法図

ストリートカラーGSハード工法図

塗布工法

厚さ 約0.4~0.5mm
(1)下地
(2)プライマー
(3)上塗り(2回)
(4)トップコート

カラー

ストリートカラーGSハードカラー

GS-510

ストリートカラーGSハードカラー

GS-4014

ストリートカラーGSハードカラー

GS-4016

ストリートカラーGSハードカラー

GS-4700

ストリートカラーGSハードカラー

GS-4730

※ストリートカラNS/F/GSハード/NS遮熱は同じ色番でも近似色となります。

形状

ストリートカラーGSハード形状

表面形状

性能データ

試験項目 試験結果 試験方法
耐摩耗性 0.07mm JIS K 7204 テーバー摩耗試験機
摩耗輪GC150H 2.5N(250g)
1,000回転終了時
接着強度 2.49N/mm2
(下地凝集破壊)
建研式引張り試験機
耐洗浄性 異常なし JIS K 5668
黒豚の剛毛 3,000回往復
耐候性 異常なし JIS A 1415
サンシャインカーボンアーク灯
(WS型)250時間
すべり抵抗係数
(C.S.R)※1
乾燥面:0.92~0.94
水+砂面:0.60~0.64
JIS A 1454
斜め引張り型すべり試験機
温冷繰り返し
作用抵抗性
異常なし JIS A 6909
-20℃~+50℃・20サイクル
耐沸騰水性 異常なし JIS K 5400
100℃の熱湯に浸漬(8時間)
湿潤冷熱繰り返し
作用抵抗性
異常なし JIS K 5400
4℃~100℃・20サイクル
耐低温性 (1ヶ月)異常なし
(3ヶ月)異常なし
-22℃の低温に
1ヶ月~3ヶ月静置
耐油性
耐薬品性
ガソリン 異常なし
エンジンオイル 異常なし
機械油 異常なし
食用油 異常なし
溶剤 異常なし
不凍液 異常なし
食塩 異常なし
砂糖水(20%) 異常なし
中性洗剤 異常なし
カセイソーダ(10%) 異常なし
次亜塩素酸ソーダ(10%) 異常なし
JIS K 5400
  • ※1一般的にすべり抵抗係数が0.4以上あるとすべりにくい床とされています。
  • ※試験性能は実験室における測定値及び平均値になります。試験体の作成方法、養生などにより結果は異なります。

規格

GSハードプライマー(水性型) 5kg/セット 約75~150m2
GSハードプライマーS(溶剤型) 16kg/セット 約80~160m2
GSハード上塗り 20kg/セット 約40~50m2
トップコート 18kg/缶 約180~360m2
5kg/缶 約50~100m2
2kg/缶 約20~40m2

価格

¥6,100/m2(材工)

●300m2以上基準

備考

  • ●施工仕様書をご確認のうえ、正しく安全にご使用ください。
  • ●製品改良のため、予告なく性能・仕様・カラーバリエーションを変更する場合があります。
  • ●色見本は現物とは多少異なります。ご決定の際は、現物サンプルをご参照ください。

注意

  • ●気温が10℃以下や降雨雪の予想される場合には、施工を延期してください。
  • ●相対湿度が80%以上の場合には、硬化不良を起こすことがありますので、施工を延期してください。
  • ●新設のコンクリートおよびモルタルの下地に施工する場合は、打設後、通風のよい状態で2~3週間以上経過させてください。施工場所の通風が悪い場合には、送風機などで乾燥を促進させてください。
  • ●ストリートカラーGSハードプライマーSは有機溶剤を含有していますので施工時は火気厳禁となります。また、換気と臭気対策が必要です。
    ※水性タイプのプライマーも用意してあります。
  • ●アスファルト下地には施工できません。
  • ●塗装面に貼った粘着テープやラインテープの撤去作業時に塗膜が剥離することがあります。
  • ●防炎シートや作業台の滑り止め、キャスター、タイヤなど『軟質塩ビ』素材及びゴム素材のものと長時間接触すると、塗装の変色・軟化・剥離する場合があります。

カタログを取り寄せる

このページと同一カテゴリの商品です。