笠木・水切材

笠木・水切材

笠木とは建物のパラペット頂部の仕上材をいいます。1973年に日本にアルミシステム防水端部材を導入。「アルウィトラ」は設計、施工現場のニーズを反映しながら、独自の改良・開発によって確実な雨仕舞を実現し、笠木に求められる性能を追求した「高機能笠木」や、建築物の“端部をデザインする”というコンセプトから生まれた「デザイン笠木」の2つを軸に、展開してきました。『躯体を守るだけ』ではなく、様々な要望に応える、幅広いラインアップを揃えています。

 

笠木材

笠木材

アルミ押出し形材/アルミ板曲げ材/ステンレス板曲げ材

意匠性笠木

新意匠系陰影笠木(アーキ笠木)

大型飛翔笠木

デザイン笠木・デザインボーダー

安全対策システム

アルウィトラ嵌合補強システム

機能性笠木

パラペット保護システム

雪庇切笠木

パラペット改修用笠木

勾配可変笠木

受雷部システム

 

ページの先頭へ

 

水切材

水切材

H=80mm水切材

腰水切材

下端水切材

W=70・135mm下端水切

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ


Copyright © 2007 ABC Trading Co., Ltd. All rights reserved.