ニュースリリース

2018年度

2018年07月27日

2018年度一覧へ戻る

コンクリートに自然素材の風合いを型押しする床材 新デザイン追加

コンクリートに自然素材の風合いを型押しする床材 新デザイン追加

 建材の開発、製造、輸入、販売を行う(株)エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)は、コンクリートに木目調やレンガ・タイル模様などを施すことができる床材「デザインクリート」に新たに2つのデザインを追加しました。

 当製品は完全に硬化する前のコンクリートに2種類のカラー材を散布し基本色と陰影色を付けたのち、レンガ模様などのパターンマット(押し型)を押し当て表面に立体感を生み出します。コンクリート自体に施工するため、材料はコンクリートと一体化し、耐久性のある滑りにくい床を形成します。また、レンガ敷きや石畳と比較しコストパフォーマンスにすぐれ、工期短縮が可能です。

押し型施工イメージ

押し型施工イメージ

型押しイメージ

 近年、商業施設の床には、カートや車イスが引っ掛からないよう平坦もしくは段差の少ないデザインが採用されています。この度新たに追加したのは、当社オリジナルデザインの凹凸が少ない「ビシャングラニット」と「琉球ライム」です。

ビシャングラニット

「ビシャングラニット」の施工イメージです。
ビシャングラニット

ビシャングラニット

 「ビシャングラニット」は「ビシャン」と呼ばれる金槌で石材の表面を均一に叩くビシャン仕上げを再現しました。凹凸が少なく繊細な表情を与える表面加工のひとつです。手仕上げの技術を表現することでより床面に優しい印象を与えるのが特長です。

琉球ライム

「琉球ライム」の施工イメージです。
琉球ライム

琉球ライム

 「琉球ライム」は沖縄では一般的な素材である琉球石灰岩の質感を再現したデザインです。琉球石灰岩は珊瑚や貝殻などが堆積してできた石灰岩で、優しく明るい風合いが特長です。しかし、多孔質で柔らかい素材の性質上、吸水性が高く汚れなどが落ちにくく、角欠けなどが起こりやすくなります。

 当製品はこれらの仕上げの質感を保ちつつ、耐久性、メンテナンス性を向上させました。

 日本に馴染みのある2種類のデザインを加えた全23種類のパターンマットと20色の基本色、5色の陰影色の組み合わせで2,000通り以上の表現を可能とします。より多くの方に親しまれる空間作りが求められる商業施設や店舗の床に提案していきます。

材工設計価格

¥9,150/m2(100m2以上)

<主な仕様や詳細について>

  • 商品情報を見る

専門スタッフがご相談に応じます!お気軽にお問い合わせください。

  • 電話・FAXで相談する
  • フォームで問い合わせる
  • カタログを取り寄せる
  • カタログを見る

< 報道関係の方へ >

本件に関するお問い合わせ

弊社ニュースリリースの配信をご希望の場合

下記よりその旨を記載のうえ、ご連絡いただきますようお願いいたします。

お問い合わせはこちら

2018年度一覧へ戻る