ニュースリリース

2017年度

2017年12月22日

2017年度一覧へ戻る

(仮称)風になびくパーゴラ
第16回屋上・壁面緑化技術コンクールで都市緑化機構会長賞を受賞

(仮称)風になびくパーゴラ 第16回屋上・壁面緑化技術コンクールで都市緑化機構会長賞を受賞

(仮称)風になびくパーゴラ

 建材の開発、製造、輸入、販売を行う(株)エービーシー商会(本社:東京都千代田区、社長:佐村 健)が試験発売中の「(仮称)風になびくパーゴラ」を施工した屋上庭園が「屋上・壁面緑化技術コンクール」の特定テーマ部門において都市緑化機構会長賞を4社共同で受賞しました。評価内容の一つとして、既存の屋上であることを考慮したアンカー不要の日陰を形成し、暑熱環境を改善したことが挙げられています。

 屋上・壁面緑化技術コンクールは、公益財団法人都市緑化機構が実施しているコンクールです。
都市の緑3表彰のひとつとして、屋上や壁面など特殊空間のすぐれた緑化技術を顕彰しています。今回で16回目を迎える当コンクールでは「特定テーマ部門」が新設されました。この部門では300m2以下の空間を効果的に緑化するための考え方やコンセプト、緑化技術などが評価のポイントとなっています。

 (仮称)風になびくパーゴラは、夏場の暑熱対策のための日陰を創出するシェードルーバーです。
耐侯性、遮熱性にすぐれた布素材をワイヤーに通し、両端で固定するだけのシンプルな構造を採用しています。そのため、取り付け、取り外し、ピッチ調整を簡単に行なうことができます。また、風圧を受け流す仕組みになっており、地上よりも風が強いことの多い屋上においては飛散や倒壊のリスクを大きく低減します。
デッキ材などを組み合わせたユニット単位での施工も可能であり、アンカーなどでの固定が不要で、設置するだけで簡単に日陰を創出することも可能です。
今回の表彰では、屋上の防水層を傷めずに日陰を創出した点が評価されました。

 保育園や幼稚園、病院の屋上や庭、公園、オープンカフェなど、屋外で過ごすシーンにあわせた適度な休憩スペースを提供することを目的として、現在も正式発売に向けて開発を進めています。

第16回屋上・壁面緑化技術コンクール

【特定テーマ部門】

「病院の屋上庭園の小さなリニューアル」

都市緑化機構会長賞 受賞者
・エコ&ヒーリングランドスケープ コンサル
・有限会社テクノス企画
・日本赤十字社医療センター
・株式会社エービーシー商会

専門スタッフがご相談に応じます!お気軽にお問い合わせください。

  • 電話・FAXで相談する
  • フォームで問い合わせる

< 報道関係の方へ >

本件に関するお問い合わせ

弊社ニュースリリースの配信をご希望の場合

下記よりその旨を記載のうえ、ご連絡いただきますようお願いいたします。

お問い合わせはこちら

■掲載されております商品の表示価格は税抜き価格です。

■掲載されている情報は発表当時のものであり、最新のものと価格、品番、販売終了など情報が異なる可能性があります。

2017年度一覧へ戻る